トップページ > クラブ活動ブログ > 柔道部

柔道部

部員の試合の反省です。

2年生 A

 試合前は不安や緊張、プレッシャーで頭がいっぱいでした。
 
試合の結果は惨敗でしたが、これからは、普段の練習をより一層頑張り、その練習した内容を試合で十分にはっきできるよう一生懸命練習に励みたいと思います。
 
 
1年生 O
 
 今までの練習は、言われたことをただやって、あまり意味のないものでした。
打ち込みも疲れたら緩くやったり、乱取りでも自分からあまり攻めないで、受け身な練習ばかりでした。
自分の意識が足りないのも分かってるけど、自分自身で変えることができませんでした。
  試合当日はあまり緊張もせず、打ち込みにも気合いが入っていて、軽く興奮していました。
一回戦で負けてしまったけど、楽しかったです。
大会では色々と学ぶことがありました。ひたすら自分から攻めていくこと、自分より重い人を投げられること、試合前は緊張することです。
何よりも、みんなの顔が自分と全然違いました。
 
これからは、今までよりもキツイ練習をして、先生にも乱取りに参加して頂きたいと思います。
 
1年生 K
 
今までの練習で自分の技の何がいけなかったかを考えてやってきたことはほとんどありませんでした。
ただ練習時間を考えて疲れないように練習して苦しくないように練習してきました。
なので打ち込みで失敗しても全力でやってないからといいわけをし、直そうとせずに時間が過ぎるのを待つ練習をしてきました。
 
試合では僕はあっけなく奥襟をつかまれてしまいました。 そのとき前が見えなくなりパニックになってしまいました。
そして、技をかけた瞬間にかえされることを考えて技をかけることが怖くなり、技をかけることなく負けてしまいました。
いまになって思えば相手の技はそれほどすごくなかったけど気持ちがふわふわした感じでなにも考えられなくなり倒されてしまいました。
 
試合のあと、あの時こうしておけば勝てたのに、ということを考えてしまいます。
いまなにを考えても結局は練習するしかないので以前よりも激しく練習していきたいです。
普段の練習を全力でやって自分の技に自信を持ち、実戦でもつかえるように意識していきたいです。
 
ご注意

ページのTOPへ