トップページ > クラブ活動ブログ > ■硬式テニス部(練習試合報告)

■硬式テニス部(練習試合報告)

■2月26日(日)大崎にある立正中学高等学校の男女テニス部と練習試合を行いました。
当日は曇りで気温が若干高く、無風というテニスには絶好の日和でした。8時に集合し、会場設営を行い、立正中高を待つまでの間に少しだけ全体練習を行いました。この日はインフルエンザ等で男子のレギュラーが3名欠席しましたが、男子も中学生を選手に含んでいたので力の差はそれほどなかったと思います。

 

 

 

 

 

ただ立正の女子が5名のみで全て中学生だったので女子選手にとっては力の差がどうしても出てしまいましたが、双方にとって経験値を高めるという意味では有意義であったと思います。

 

 

 

 

 

試合は双方とも人数が多かったので、2-2からの6ゲーム先取で行いました。まずはシングルス10本、ダブルス10本を行い、豊南はシングル上位が負け超し、ダブルスは勝ち越しました。しかし、日頃の練習での課題がそのまま残る結果の試合も多くありました。力が入ってしまいアウトを多発、手先でこねすぎてネットを多発、打った後に足が止まり、ラリーミスが多発、等々・・・

一方、立正の上位の選手はコントロール、シングルでの左右の配球や決め球の落としどころ、組み立てが巧く、肝心の所でポイントを落とす豊南のレギュラーから小気味よくポイントを上げていました。見習わなくてはならないところでしょうね。

 

 

 

 

また、今回の練習試合では、先日の審判講習会で指導を受けた内容を実践し、講習会に参加できなかった選手にも教えていくという流れも加えての実施となりました。1年生を中心として、プライドを持った審判が出来るようになって欲しいと思います。
中学生もいたことから、全体の勝率は豊南が上げていましたが、団体戦でのレギュラー勝負であれば負ける要素満載の試合展開でした。来週から期末試験一週間前となります。試験終了後からのなお一層の努力に期待したいと思います。
立正中学高等学校の梅田先生、ありがとうございました。

ご注意

ページのTOPへ