トップページ > クラブ活動ブログ > 豊南高校 手話部 in ドミニカ!?

豊南高校 手話部 in ドミニカ!?

 

先月の週末に手話部の男2人で講演とライブを見に行ってきました。

1452351701699201619

 

 

 

 

まず公演はJICAでドミニカ共和国に3年間行った、廣瀬芽里さんというかっこいい女性がドミニカの子ども達を救っているお話しでした!この廣瀬芽里さんも子ども達もみんなろう者(耳が聞こえないということ)です。
廣瀬さんはチャリティーという使命感を持ち、アメリカ横断を自転車で行い募金活動につなげたり、飛び込みで仕事を見つけてたり、異国の地で耳の聞こえない女性一人でも挑戦し成功をつかんだというすっごいお話をしてくださいました。今は日本に一時帰国中で、NHKなどにも出演してい ますよ!

DSC_1418

でも本当に海外の耳の聞こえない人達のためにここまで行動しているという内容を聞いて僕たち二人はとても感激しました。私達のいる手話部はまだそこまでの国を越えたような交流はしたことがないので、もっといろんな人と手話でお話がしたいと思える講演でした。
この数日後に顧問が廣瀬さんとお食事する機会があったらしくて写真を見せてもらいましたが、直接話せるなんてうらやましーーーーー(T_T)と思ったことは内緒です。笑

DSC_1405

 

 

 

また、ライブではマカローニさんとnyancoさんを見ることができました。nyancoさんは講師の先生も顧問の先生も交流があるようですが、僕は12月のD’LIVEの時にボランティアで裏方だったので、観客側からの手話歌を見れて、帰り道は2人で盛り上がりました。

14523517091045
マカローニさんもD’LIVEや11月の東京手話カレッジ以来で、定番の盛り上がりでとても楽しい気分になれました。

1452351705815

 

 

 

 

最後に!
いろんな国で使われている手話ですが、日本とドミニカ共和国での共通の手話のひとつはなんだと思いますか??廣瀬芽里さんが教えてくれました!答えはこのページの下の方に載せておきますね!またこういうイベントがあったら行きたいなと思いました。今日のブログはS.HとS.Kが担当でした!

1452351710972

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手話部のこれまでの活動はこちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本とドミニカ共通の手話の答え → 「家」だそうです!へー!!

ご注意

ページのTOPへ