トップページ > クラブ活動ブログ > 豊南高校 手話部 中学生と大学生のお客様

豊南高校 手話部 中学生と大学生のお客様

 

昨日は豊南高校内で毎年行われている普通救急救命講習に参加しました。

DSC_1638

 

 

 

 

 

最初にDVDで応急手当を行ったことがある方々の体験談を見ました。救急車を呼んでから平均で約8分かかるということを初めて知ったのと、救急車が来るまで何もしないのと応急手当を行うのとでは、傷病者の命が助かる確率が倍ぐらい違うと聞いた時は、とても驚きました!

 

実践ではAEDとマウスピースの使い方を学んだり、マネキンで人工呼吸と心肺蘇生の練習を行いました。僕は、胸骨圧迫を30回やるだけで疲れてしまいました。

この講習会で学んだことや、実際に体験できたことは良い経験なので、聞こえない方にいつか今日学んだことを手話を交えながら応急手当をしたいです!

 

また、講習会後は大学生の谷口さんと中学生のひろこちゃんが来てくれました。聞き取り表現の練習のあと、みんなで手話すごろくで遊びました。

期末試験明けだったので手話部部員は手話を少し忘れていましたが、お2人と手話を使って話せて楽しかったし、谷口さんもひろこちゃんも手話部を訪ねて来てくれたのでとても嬉しかったです。2人ともまた来たいと言ってくれてたので、手話で会話をもっともっとできるようにしたいと思いました。スゴロクで2人とも趣味や思い出などをゆっくり手話で表現をしてくれたので、読み取りやすくて、今後は2人のみたいに表現できたらなとも思います。今日の担当はS.Hでした!

DSC_1642

 

 

 

 

 

手話部のこれまでの活動はこちらをクリック!

 

 

ご注意

ページのTOPへ