硬式野球部

豊南高校 硬式野球部 練習試合

2018-06-04

平成30年6月3日

志木グラウンドにて練習試合でした。

夏に近づき炎天下の中での試合で選手もこたえてましたが、夏はまだまだこんなものではありません。

気持ちで負けぬように頑張ります。

 

試合で結果を出すためには野球の神様に味方してもらわなければなりません。

それには日頃の行いであり、そして道具を大切にすること、心を常に真ん中に持っておくことなどが必要だと考えます。

まだまだ道具をそろえるなど身の回りの整理整頓ができない生徒もいますが、当たり前にしてほしいです。

 

試合でスキを作らないよう、心を真ん中にし、身の回りを整理し、周りの状況判断につなげる。

 

夏の抽選までのこり2試合、2週間となりました。

なんとかスタメン、背番号をとるため必死にアピールして、がむしゃらにひたむきにやってほしいです。

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-06-04

平成30年5月27日

長野県への遠征となりました。

朝に志木駅に集合しバスにて約3時間かけて到着。

夏の大会抽選まで残り一か月をきりましたが、試合内容は少しづつ良くなっています。

 

バスの中の移動時間も約往復6時間近く一睡もせず全員でミーティングを行い充実した遠征となりました。

 

相手高校だけでなく、保護者方などの協力がありできることです。

あたりまえでなく、感謝の気持ちを持って夏の結果につながるよう日々の生活も送ってほしいです。

 

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-05-07

2018年5月6日

ゴールデンウイーク最終日です。

朝早くから夕方過ぎまで試合に練習にと積み重ね、選手たちの疲労もたまっているのが見えてきた中での練習試合でした。

 

本校の管理棟も建て直しが始まり、なかなかグラウンドに出てこれる日が少なかった中、GWの休み中にまとまって練習と試合ができたのは非常に大きかったです。

 

試合では相変わらず打撃好調ですが、守備での細かいミスによる失点の多さ、バントミス、走塁のミスがやはり目立ちました。

 

ここが大きな課題です。

 

しかしこの期間の中で、チームのまとまりや夏の大会に向かっていく姿勢が出てきたように思います。

試合の中の感覚も徐々に良くなってきました。

 

これを無駄にせず、夏に向けて積み上げていきます。

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-05-07

2018年5月5日

ゴールデンウイークも残り二日となりました。

この日試合も2桁得点と打撃好調でしたが、走塁ミスやバントミスが目立つ試合となりました。

さらに初回に大量点を取られ、序盤での弱みが見られました。

 

それは準備不足であり、試合の入りこそ重要になるので意識していかなければならないと感じました。

投手の調子が悪いときは、調子が悪いなりに考えていかなければならない。何かに言い訳をしてやっているところが見られるので、大きな課題だと思います。

 

 

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-04-30

2018年4月30日

本日も練習試合でした。

朝に前回の課題であった、キャッチボール、送球に意識をおかせました。

そうするとシートノックの送球ミスも減り、しまったノックとなりました。

課題を少しでも克服し、成功体験ができたことがまず収穫となりました。

今度は雰囲気の面において課題がでました。

相手チームに合わせる傾向が強くおとなしいとうちもおとなしくなります。

何点取っても取られても最後まで緩めないことが課題です。

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-05-02

2018年4月29日

本日も3校による三つ巴でした。

バッティングは変わらず好調。

しかし送球のミスが目立ちました。

つまり日頃のキャッチボールが雑ということです。

すべての基本はキャッチボール!!ここをもう一度徹底する必要があると感じました。

そしてカバーリングの意識の低さです。

 

この2点をイメージし、明日の練習試合につなげていきます。

 

« Older Entries

ページのTOPへ