硬式野球部

豊南高校 硬式野球部 練習会および練習試合報告

2019-11-12

11月9日(土)に学校説明会の一環として、神宮外苑室内競技場にて硬式野球部練習会を実施いたしました。数多くの中学生にご参加いただき、ありがとうございました。

11月30日(土)に、最後の練習会を実施いたします。ご希望の方はHPよりお申し込みください。

また、11月10日(日)に横浜商大高校グランドにて、横浜商大高校との練習試合を実施いたしました。

第1試合は5対10。第2試合は10対11でした。

第1試合の先発は岸野(2年生)。制球に課題が残りました。2番手で投げた千田(2年生)は4回を3失点と怪我から復帰後の初戦としてはまずまずの内容でした。

第2試合の先発は杉山(2年生)。序盤2回を0失点に抑える好投を見せましたが、怪我による投げ込み不足のため途中から失点しました。

攻撃では野島(1年生)が2試合で5安打の活躍。髙瀨(2年生)も本塁打2本を含む4安打の大活躍を見せました。杉山(2年生)も2試合で4安打と投打にわたって活躍を見せました。

練習試合を通して、数多くの課題が見えてきました。

今年の練習試合は23日の岩倉高校戦。24日の武蔵越生高校戦の残すところ2試合です。冬のトレーニング期間を前に課題を明らかにし、チームの成長につなげていきたいと思います。

ご声援、ご尽力をいただいた保護者をはじめとしてみなさまに、改めて御礼申し上げます。

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2019-11-05

11月4日(月)に昭島市民球場にて、上野学園と練習試合を実施いたしました。

結果は4-12、8回コールドとなりました。

先発は肩の負傷のため、今季初先発の杉山(2年生)。序盤の立ち上がりは3回1失点と好調なスタートを切りました。球数が50球に届く頃から球威が衰え、打ち込まれる場面がありましたが、復帰戦としては収穫のある内容でした。

攻撃ではショート相田(2年生)が三塁打、二塁打とマルチ安打。ライト岸野(2年生)も2安打と攻撃面での成長を見せました。

毎週、強豪校との練習試合が続き、チームとしての課題が一つ一つ明らかになってきています。対外試合禁止期間まで残り4試合。少しでも成長していけるように取り組んで参ります。

ご声援、ご尽力をいただいている関係者の皆様に、改めて御礼申し上げます。

 

硬式野球部 練習試合報告

2019-10-28

10月26日(土)に桜美林高校グランドにて桜美林高校との練習試合を実施いたしました。

残念ながら、日没のためサスペンデットゲームとなりました。先発、岸野(2年生)は序盤は制球に苦しみながらも最後まで力投しました。攻撃では、髙瀨(2年生)がスリーベースヒット、石飛(1年生)もヒットでチャンスを作りました。

強豪校との練習試合の中で、多くの課題、チームとしての目指すべき方向を学べる機会となりました。

過密な日程の中、練習試合の機会をくださった桜美林高校、応援してくださったご父兄の皆さん、本当にありがとうございました。

 

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2019-10-07

9月22日(日)の日本学園との練習試合に続き、10月6日(日)に佼成学園グランドにて佼成学園Bチームと練習試合を行いました。

結果は、4-8と惜しくも敗戦となりました。

先発した遠山(1年生)は、6回8失点ながらも要所で三振を取る力投を見せ、7回からは山内(2年生)が9回まで無失点と好投しました。

攻撃は、2番レフトで出場した佐藤(2年生)が3安打の活躍を見せ、8番ファーストで出場した中谷(2年生)もセンター前への安打で練習の成果を見せました。

7回には、1番センター野島(1年生)が俊足を生かし1点を返すと、5番キャッチャーで出場した石飛(1年生)のタイムリーで4点差まで詰め寄りました。

主力選手2人を怪我で欠く中でも、守備でも攻撃でもしっかりと形を作れたことは選手たちにとって大きな収穫となりました。

10月26日(土)は桜美林高校、11月3日は武蔵越生高校、4日は上野学園高校、10日は横浜商大高校、17日は大和西高校、23日は岩倉高校との練習試合の予定です。

強豪校との練習試合を通じて、さらなる成長を目指していきます。

 

豊南高校 硬式野球部秋季東京都高等学校野球大会第1次予選 報告

2019-09-18

9月16日(月)創価高校東大和グランドにて秋季東京都高等学校野球大会第1次予選第2回戦が行われました。

夏季西東京大会で準優勝した創価高校相手に、結果は7ー0、8回コールドで敗戦いたしました。

相手投手の見事な投球の前に打線は沈黙、屈辱の完全試合となりました。

そうした中、先発山内(2年生)は味方のミスもありながらも、4回4失点となんとかゲームを作ろうと75球の粘投。代わった千田は4回3失点と持ち味の制球力を発揮しました。

守備の面でも、ショート髙瀨(2年生)、セカンド相田(2年生)、センター野島(1年生)は好守で味方を助けました。

また、大会を通じてマスクを被ったキャッチャー石飛(1年生)は投手陣をよくリードし、守備でも貢献しました。

前回は代打出場だった杉山(2年生)は4番先発で出場、中谷(2年生)は打席は回らなかったものの新チーム公式戦初出場を果たしました。

秋季大会は残念ながら終わってしまいましたが、チームとして目指すべき目標の高さ、壁の大きさを実感した大会となりました。

春季大会を経て夏季大会までおよそ280日、それぞれの部員が目標への一歩、一日一日をきちんと歩んで行くと思います。

さまざまな面で選手をサポートしてくださった保護者の皆様、ご声援くださった同窓生、3年生、教職員はじめ多くの皆様。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

硬式野球部 秋季東京都高等学校野球大会第1次予選報告

2019-09-09

9月8日(日)12:30~秋季東京都高等学校野球大会第1次予選、立志舎高校戦が行われました。

結果は8対5で勝利しました。弓田新監督の公式戦初戦を勝利で飾りました。

先発の千田(2年生)は立ち上がりは苦しむもセンター野島(1年生)の好守にも助けられ、6回3失点と好投しました。

7回からは遠山(1年生)が3回を2失点で切り抜けました。3番髙瀨(2年生)が3安打と打線の中核となり活躍し、守備でも好守で何度もピンチを救いました。

次戦は9月16日(月)10:00~創価高校グランド(東大和市)で強豪の創価高校と対戦します。ご声援お願いいたします。

9月7日(土)にスポニチで弓田監督の豊南高校硬式野球部監督就任が報道されました。リンク先はこちらです。

>Sponichi Annex  記事:「豊南野球部新監督に元JX―ENEOSの弓田鋭彦氏」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Older Entries

ページのTOPへ