硬式野球部

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-11-12

11月4日

先週に引き続き今週も練習試合でした。

 

誰しもができることの更なる徹底と、テスト休みの期間で取り組んだバッティング練習がどれほど実戦で成果が出るのかをテーマとしました。

 

両者とも試合の入りからとてもいい雰囲気で、大会さながらの一歩も譲れない終始ピリピリとした試合となりました。

 

結果はともかく、そういった雰囲気の練習試合は非常に有意義になり、得るものは多かったように感じます。

 

さらに良かったのは誰しもができることの徹底がこの試合では全員なされていました。

 

しかし、こういう大会さながらの空気だからこそのミスが出てしまいました。

普段から言われているキャッチボールをおろそかにしたこと、走塁での集中力がなくなったところをつつかれるミスなどがありました。

 

ここの徹底が今後のテーマです。

 

この試合を経験して、普段の練習態度、集中力が変わるのを期待します。

 

 

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-11-12

10月28日

期末試験もあけて2週間ぶりの練習試となりました。

テーマは前回の反省である、誰しもができることを全力でやることです。

 

どんなに試合で結果を出そうと、自分勝手な考えで誰しもができることをやらない選手は大事なところで必ずミスを犯します。

チームのテーマとして2試合こなしましたが、ベンチの声、1塁までの全力疾走、攻守交替の全力疾走は数人を除きだいぶ徹底されました。

しかしその数人の1回、2回をなくすことが必要です。16人の部員の中で全員が同じことをやらなければ、確率は出なくなり、チームの輪は乱れます。

次でも更なる徹底が必要です。

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-11-12

10月8日

2週間ぶりの練習試合となりました。

長野県の高校さんに来ていただいてのホーム戦。

 

毎回勉強させてもらうことが多く、東京以外の高校さんとの練習試合は視野も広がります。

 

今回の反省は、ベンチの雰囲気、1塁までの全力疾走、攻守交替の全力疾走です。

誰しもができることを全力でやる。

能力関係なく全力疾走、声を出すことは誰しもができることです。

それが今後の課題です。

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-09-10

9月9日

本日は東京の高校との練習試合でした。

 

秋の大会の抽選が決まり、数十年ぶりの本大会出場を目指します。

ここ一週間では、文化祭の準備があるなどなかなか揃わず、全体練習がままなりませんでした。

 

その中の練習試合ということもあり、だれしもができることを怠る選手が多く、なおかつその状況に言い訳している選手が多く感じられました。

 

学校生活は学校生活でしっかりやることはもちろんですが、「野球」も頭の中には常になければなりません。

そこをわすれては高校球児と呼べない!!!

 

「野球」「学校生活」どちらもありながらしっかり両立をしていきます。

 

秋の予選まであと一週間!!!

この一週間でしっかり練習をし、野球感を取り戻してベストな状態で迎えたいと思います。

 

チームは一つの目標に結束できたと思います。

 

なんとか勝利できるよう頑張ります。

夏の勝ちが本物だったことが少しでも証明できるよう全員一丸頑張ります!!

 

応援よろしくお願いいたします。

 

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-09-10

8月16日

本日も東京の高校との練習試合でした。

 

曇り空の中ですが、気温は暑く水分と塩分をこまめに取りながら、どの気温でも対応してベストな状態で戦えたと思います。

 

キャッチボールが今の一つのテーマであり、自分が投げるボールというのが野球の中でも最も確率が高いものです。

その確率が高いものをおろそかにやっていたら、野球では勝てません。

野球は確率のスポーツであり、走攻守の中すべて確率で勝負しています。

 

その意識をしっかり持つこと、相手が欲しいところへしっかり投げる、欲しいところへしっかり呼ぶなど今後もっと徹底していかなければならないです。

豊南高校 硬式野球部 練習試合報告

2018-09-10

8月12日

東京都の高校との練習試合でした。

 

夏休みももう中盤です。

新チームになってから少しづつですが形となってきました。

 

ほとんどの2年生が夏を経験していることがチームにとって大きなプラスに働くよう、メンバー一人一人が自覚をもっと持ち、チームを引っ張っていかなければなりません。

 

この試合を機に経験を経験値として全体に伝えられるようにしてもらいたいです。

 

« Older Entries

ページのTOPへ