柔道部

豊南高校 柔道部【大会報告】

2017-01-09

平成28年度東京都第3支部新人柔道大会(個人戦)の結果を以下に記載します。

【日  時】平成28年11月20日

【会  場】日本大学第二高等学校

【対戦相手】(在籍高校名のみ記載)

1回戦vs練馬工業  結果:不戦勝

2回戦vs明学東村山 結果:負け

【選手(Y.M.)感想】

今回の大会の結果は2回戦敗退でした。この結果を振り返ってみると反省点がいくつも出てきました。その中でも最も自分に欠けているものは「力」です。筋力はもちろん、試合中に冷静になって考える対応力や精神力です。このような反省を今後の練習で身につけ、次回の大会で1試合でも多く勝ち進められるよう挑んでいきたいです。

 

h28-11-jyudo1 h28-11-jyudi2

豊南高校 柔道部 大会結果報告

2016-06-01

2016年5月29日(日)

第65回高校総体柔道大会東京都予選会が講道館で行われました。

個人戦に1名が参加、試合結果の報告です。
男子100kg超級

第1試合 三浦(豊南) 負 - 勝  佐保田(科学技術)

合わせ技一本

三年生はこの都大会で引退となりました。お疲れ様でした。

これからは、自分の進路実現のために頑張りましょう!

豊南高校 柔道部活動報告

2016-05-17

2016年5月15日(日)に第65回高校総体柔道大会東京都第3支部予選会が日本大学第二高校で行われました。

個人戦に2名が参加、試合結果の報告です。

男子60kg級

第1試合  森(豊南)- 中村(堀越) 有効で勝ち

第2試合  森(豊南)- 佐々木(国学院久我山) 指導により負け

男子100kg超級

第1試合 三浦(豊南)- 田中(杉並工業) 一本で負け

 

豊南高校 柔道部 【昇段審議会 2/14】

2016-03-18

平成28年2月14日、講道館にて昇段審議会が行われました。

緊張していた生徒もいましたが、普段の練習の成果を発揮していました。

SN3N0359

 

柔道部

2011-11-25

部員の試合の反省です。

2年生 A

 試合前は不安や緊張、プレッシャーで頭がいっぱいでした。
 
試合の結果は惨敗でしたが、これからは、普段の練習をより一層頑張り、その練習した内容を試合で十分にはっきできるよう一生懸命練習に励みたいと思います。
 
 
1年生 O
 
 今までの練習は、言われたことをただやって、あまり意味のないものでした。
打ち込みも疲れたら緩くやったり、乱取りでも自分からあまり攻めないで、受け身な練習ばかりでした。
自分の意識が足りないのも分かってるけど、自分自身で変えることができませんでした。
  試合当日はあまり緊張もせず、打ち込みにも気合いが入っていて、軽く興奮していました。
一回戦で負けてしまったけど、楽しかったです。
大会では色々と学ぶことがありました。ひたすら自分から攻めていくこと、自分より重い人を投げられること、試合前は緊張することです。
何よりも、みんなの顔が自分と全然違いました。
 
これからは、今までよりもキツイ練習をして、先生にも乱取りに参加して頂きたいと思います。
 
1年生 K
 
今までの練習で自分の技の何がいけなかったかを考えてやってきたことはほとんどありませんでした。
ただ練習時間を考えて疲れないように練習して苦しくないように練習してきました。
なので打ち込みで失敗しても全力でやってないからといいわけをし、直そうとせずに時間が過ぎるのを待つ練習をしてきました。
 
試合では僕はあっけなく奥襟をつかまれてしまいました。 そのとき前が見えなくなりパニックになってしまいました。
そして、技をかけた瞬間にかえされることを考えて技をかけることが怖くなり、技をかけることなく負けてしまいました。
いまになって思えば相手の技はそれほどすごくなかったけど気持ちがふわふわした感じでなにも考えられなくなり倒されてしまいました。
 
試合のあと、あの時こうしておけば勝てたのに、ということを考えてしまいます。
いまなにを考えても結局は練習するしかないので以前よりも激しく練習していきたいです。
普段の練習を全力でやって自分の技に自信を持ち、実戦でもつかえるように意識していきたいです。
 

柔道部

2011-11-22

11月20日に東京都第3支部新人柔道大会が日大二高で行われました。

新人戦にむけ、技の鍛錬、絞技・関節技の習得、筋力の強化に重点をおいて練習に励みました。

大会には有段の部60kg級に2年生のA。無段の部60kg級に1年生のK。無段の部90kg超級に1年生のOがそれぞれ出場しました。

戦績は3人とも初戦敗退と残念な結果に終わりました。

普段の練習で注意されていることが試合で出てしまい、惜しい試合を逃してしまいました。

他校のチームは試合で勝ちたいという執念、選手の応援や態度など、うちのチームに比べ勝る点、見習うべき点がたくさんありました。

柔道部員には是非見習って欲しいです。

この冬は試合での反省を生かし、技の鍛錬、絞技・関節技の習得、寝技・筋力の強化を中心にもう一度試合で勝つための練習を行っていきたいと考えています。

12月25日には新潟県のチームと合同チームを作り、埼玉県での大会に出場するので、その大会では良い成績が残せるようにがんばります。

後日、柔道部員から新人戦の反省と今後の抱負について投稿してもらいます。

 

 

ページのTOPへ