サッカー部

豊南高校サッカー部 試合結果

2017-11-19

 

平成29年11月19日晴海総合高校グラウンドにおいて、新人戦江北高校との試合が行われた。前半はボールを奪いに行く意識が全体に高く、やらなければならないことを徹底でき、いままで練習で取り組んできたことが表現できた内容であったが、9分マークの確認をおろそかにし許した失点が悔やまれた。後半も立ち上がりボールを奪いに行く意識は継続され期待できたが、9分ディフエンスとゴールキーパーのマークミスと判断ミスが重なり追加点を奪われ2点を追いかける形になり、残り10分リスクをかけて攻撃に転じたところを逆に相手に攻め込まれ追加点を奪われ新人戦初戦敗退となった。限られた環境の中、出来ることとややるべきことを明確にし取り組んできたことについてはできたが、次なるステップとしてボールを保持する時間を長くするために、ショートパスをつなぐ意識をもって取り組まなければならない。可能性のない敗戦ではない。次につなげる敗戦にするために限られた練習環境でできることをストロングポイントにしていくしかない。

応援に来た下さった保護者の皆様ありがとうございました。今後もご支援よろしくお願いします。12月末には静岡遠征試合を予定しております。ご理解ご協力重ねてお願い致します。(文責 塩田)

 

 

豊南高校サッカー部 試合結果

2017-11-12

 

平成29年11月12日東京大学教育学部付属高校グラウンドにおいて、東大付属高校とトレーニングマッチを行った。新人戦を一週間後に控えたチームとしては不安の残る試合であった。試合の入り方においては、個人個人の意識は高いものがあったが、1対1の脆さ、パス、コントロールの不正確さ戦えるレベルではなかった。失点場面も判断ミス、足先だけのアリバイディフエンス、他者への責任転換やられるべくしてやられている状態であった。試合の時だけモチベーションを上げても力は出ない。毎日の練習で試合に出ている気持と同じようにプレーすることが大切であることを感じてほしい。試合のための練習でなくてはならない。アップの雰囲気、声を掛け合う等の良い変化はあるのだから・・・(文責 塩田)

本日の結果

1本目 0‐1

2本目   0‐3

 

豊南高校サッカー部 試合結果

2017-11-05

 

平成29年11月5日埼玉県叡明高校において、叡明高校とのトレーニングマッチをおこなった。チームとしてディフェンスを意識することをテーマとして試合に臨んだ。結果的には相手のボール回しに取りどころを絞れず、プレスが空回りし、簡単に背後を取られるシーンが多かった。一対一のもろさが全体的に露呈した。一人一人のプレーに必死さが伝わってこない。追わない、闘わない、頑張らない、技術云々の問題である。技術的にできないことを悩むより、出来ることを強度を上げて徹底的にやり抜く貪欲さ必要である。点は取れるのであるから、失点をしなければ負けない。失点しないためにチーム全体がやるべきことを明確にし取り組む必要がある。

保護者の皆様交通費のご負担ありがとうございました。次回も12日東京大学教育学部付属高校への遠征試合になります。ご理解の程よろしくお願いします。(文責 塩田)

本日の結果

1本目1-4 佐藤匠(清瀬三中出身 1年)

2本目1-1 岡田(TFA出身 2年)

3本目0‐0

豊南高校サッカー部 試合結果

2017-11-03

 

平成29年11月3日雪谷高校グラウンドにおいて、雪谷高校とトレーニングマッチを行った。3週間後の新人戦を前に自チームの、日々のトレーニングの成果がどれだけ出ているか確認する試合であった。トレーニングで意識しているボールを奪いに行く強度、積極的にボールを受ける意識、そして声を絶やさないことを意識して試合に臨んだ。3つのテーマをおろそかにする選手はいなかったが、全体としてディフェンス面で対応のミスが多く観られた。日々の練習の中で対人練習を増やして改善していかなくてはならない。ディフェンスは予測、準備、対応力である。予測、準備は意識の問題である。対応力は今行っている体幹トレーニングを中心として対人練習を繰り返すしかない。全体としてディフェンスで相手に負けない対応力をつけ、失点をしないようにチーム全体で取り組むことが次のステップである。失点しないチームは負けない。

保護者の皆様、交通費のご負担ありがとうございます。5日も埼玉の高校と遠征試合になります。交通費のご負担ご理解よろしくお願いします。(文責 塩田)

本日の結果

一本目0-2

二本目2-4 加藤(FCコンソルテ 2年) 中山竜(FC早稲田 1年)

三本目0-4

豊南高校サッカー部 試合結果

2017-09-24

 

平成29年9月24日東京工学院専門学校府中グラウンドにおいて、DUOリーグ順位決定戦江北高校との試合が行われた。前回文京高校との不甲斐ない試合から、選手で考え、方向性を統一しやるべきことを明確にして臨んだ試合であったが、前半豊南の悪しき習慣、開始早々のコーナーキックから先制を許し、その後もパスを受けない、闘わない、動かないという消極的な展開で、いいところなく30分が過ぎた。31分に加藤(FCコンソルテ出身 2年)のロングシュートで同点に追いつき後半から仕切り直しとつなげたかったが、これも悪しき習慣終了間際の失点により1-2で前半を終了した。ハーフタイムで消極的なプレーを戒め、失敗を恐れない能動的なプレーをすることを確認し後半に臨んだ。2分小又(Rioフットボールクラブ出身 1年)がドリブルからのミドルシュートで同点に追いつき、4分、7分には加藤が連続で追加点を奪い、16分には中山竜(FC早稲田出身 1年)が追加点を奪った。ここまで、前半とは全く違うチームのように躍動した。32分に相手スローイングで一瞬気を抜き(悪しき習慣)サイドからセンターリングを許し、中央のマークもずれ失点した。しかし、そのすぐあと佐藤匠(清瀬第三中出身 1年)が得点し相手の追い上げムードを断ち切り、6-3で終了した。前半と後半技術的に変わったわけでもなく、選手が変わったわけでもない、闘う気持ちの変化が試合の流れを大きく変えるということを感じることと、豊南の悪しき習慣をどこかで断ち切る意識が必要である。

保護者の皆様、遠征費のご負担ありがとうございました。暫く、試験休みとなり活動は行いません。試験明けから遠征試合が続きます。ご理解とご協力をお願いします。(文責 塩田)

豊南高校サッカー部 試合結果

2017-09-21

 

平成29年9月21日文京高校に於いて、文京高校とのトレーニングマッチを行った。新チームによる初めての対外試合であり、今後のチームの方向性を再確認する試合であった。結果的には、自チームの足らない部分が多く見られた。重要なのはこの結果の感じ方である。明日からの練習への取り組む姿勢の変化、日々の生活の変化がなければこのチームの成長はない。一人の一人の意識の変化を期待したいところである。悪いところばかりでなく、昨年度のチームにはない長短パスを主体とした攻撃パターンが出ていたところは期待のもてるところであった。(文責 塩田)

1本目 0-5

2本目 0-4

3本目 0-1


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


« Older Entries

ページのTOPへ