サッカー部

豊南高校サッカー部 活動報告

2019-09-17

 

2019年9月17日東金町総合運動場において、江北高校とのトレーニングマッチを行った。ディフェンス面での共通理解として誰がでても同じ方向性でプレーが出来ることを目的とした。どこでボールを奪うのか、いつボールを奪うのか、どのようにして奪うのかを統一し、ボールを奪いに行く、ヘディングボールは必ず競る、セカンドボールを拾う、球際を激しく、声を出すことを個人のディフェンス面での約束事とした。声を出せない選手、ボールを奪いに行くインテンシーが弱い選手、セカンドボールの意識が低い選手、全員が出来るようになるには改善するべき点は多い。ディフェンス面は全員が同じ方向で一体感を持つことが必要である。そして個人の当たり負けをしない身体を作り上げなければならない。よい守備無くしてよい攻撃は生まれない。(文責 塩田)

本日の結果

1本目 0-2

2本目 1-1 千明(吉岡中出身 2年)

3本目 1-0 工藤(清瀬三中出身 1年)

4本目 0-1

豊南高校サッカー部 活動報告

2019-09-08

 

2019年9月8日井草高校グラウンドにおいて、井草高校とトレーニングマッチを行った。ディフエンス面でボールを奪う準備、そのための予測、ボールへの圧力、球際の強さ、改善されつつある。最近のゲームでも失点は少なくなっている。ディフェンス陣だけでなく、オフェンス陣を含めた守備意識の高まりである。ただ、奪ったボールを正確に味方につなげることが出来ない。50センチパスがぶれる。浮き球になる。パススピードが遅い。相手に当てる。改善すべきことは多い。4対2のトレーニングを試合に近づけた意識で取り組まなくてはならない。(文責 塩田)

本日の結果

1本目 0-0

2本目 0-1

3本目 2-0 小林2(早稲田FC出身 2年)

 

豊南高校サッカー部 試合結果

2019-09-01

 

2019年9月1日筑波大学付属高校において、足立高校とDUOリーグ3部1位決定戦を行った。前半はゲームプラン通り守備意識を高め無失点でおりかえすことできた。全員の守備意識が高く、球際でも負ける回数は少なかった。後半は攻撃の意識を高めゴール前に人数をかけることと、縦パスをワンタッチで入れることを意識してスタートした。そのプラン通り開始2分、サイドからワンタッチで縦パスが入りサイドからのクロスをDUO初出場の野島(大泉学園中出身 1年)が先制した。その後ゴール前に迫るも追加点を奪うことが出来なかったが、相手の攻撃を体を張って止め1‐0で勝利をおさめ、3部完全優勝となり来年度の2部昇格が決定した。3年生が抜けての初めての試合であったが、3年生が抜けたビハインドを全く感じさせない内容であった。ただ我々の目指すステージはここではない。更なる上のステージを目標に精度、強度、スピードを上げなければならない。(文責 塩田)

前半 0-0

後半 1-0 野島(大泉学園中出身 1年)

 

豊南高校サッカー部 試合結果

2019-08-15

 

 

2019年8月14日私学事業団グラウンドにおいて、八潮高校との選手権一次予選が行われた。前半立ち上がりからボールを支配し何度かゴール前に迫り、決定的な場面もあったが決めることが出来づ前半を終了した。後半に入ってもボールを支配したが、一人一人のボールを持つ時間が長く、パスコースを読まれ崩しきることが出来なかった。そんな展開が続く中終了間際、ワンチャンスを決められ0-1の敗戦となった。12人いた三年生で最後まで残った 佐藤(清瀬三中出身)、和田(杉並FC出身)、山本(和光三中出身)、木下(桜川中出身)の三年生は入学当初、基準が何もなかったサッカー部の土台を築いてここまでけん引してきた。特に和田の献身的な姿勢は全ての部員が学び、受け継ぎ、忘れてはならない。残された1,2年生がこの土台に基準をぶらすことなく何を築いていくのか、その責任は大きい。

3年生の保護者の皆様、本日を持って引退となります。3年間サッカー部の活動にご支援ありがとうございました。彼らのサッカー部での取り組みは今後の人生において糧になるものと思います。次のステージで人生のレギュラー目指して頑張ってくれることを期待しています。ありがとうございました。(文責 塩田)

本日の結果

前半 0-0

後半 0-1

 

 

 

豊南高校サッカー部 活動報告

2019-08-13

 

2019年8月13日京華浦和グラウンドにおいて、京華商業とのトレーニングマッチを行った。明日に選手権予選を控えた中、常識にとらわれることなく対外試合で最終確認を行った。今まで積み上げてきたことが出来ているのか、出来ていないのか確認するゲームであり、一人一人の闘う意識を確認することを目的とした。我々の戦術は、チーム力が必要である。一人では完成しない戦術である。一人の怠慢プレーや、気持ちの緩みがその戦術を崩壊させる。チーム全員でアップから一体感を持った行動が望まれる。ボールを追わない選手はチームに対する裏切りである。(文責 塩田)

本日の結果

1本目 4-1 佐藤2(清瀬三中出身 3年) 山本(和光三中出身 3年) 名雪(桜川中出身 2年)

2本目 0-0

3本目 1-6 工藤(清瀬三中出身 1年)

豊南高校サッカー部 活動報告

2019-08-11

 

2019年8月11日紅葉川高校グラウンドにおいて、紅葉川高校とトレーニングマッチを行った。合宿から磨いてきた戦術がどれだけ格上のチームに通用するか問われる試合であった。ボールの追い込み、タイミング、取りどころは連動出来ていた。球際のところでやや力強さに欠けるところがあった。相手レベルが上がると、今まではミスがミスにならないことがあったが、少しのミスで失点を許してしまうことを認識しなければならない。判断のミス、プレーの選択ミス、このミスを防ぐには先を読む洞察力である。先が読めない選手は後手に回る。(文責 塩田)

本日の結果

1本目 0-2

2本目 1-1 鈴木(三原台中出身 1年)

3本目 0-4

« Older Entries

ページのTOPへ